アトピーの原因は食事?食べ物は関係あるのかないのか?いろいろ試してみて感じたこと

食事

アトピーに食事は関係があるのかないのか?

みなさん一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

今現在、アトピーと食事の関係は、はっきりとした答えが出ていないと思います。

ただ、ネットで調べてみると、食事制限によってアトピーが改善したという情報が見つかったりしますね。

 

私も脱ステロイドしてからなかなか良くならなかったので、食べ物が原因なのかと考えて、いろいろ試してみた時期がありました。

油や砂糖の摂取を控えたり、肉を止めて魚と野菜中心の食事にしてみたり。

今回は、そんな私が過去に試してみた食事制限や脱ステロイド中の食事について書きたいと思います。

 

まずは参考に私のアトピー歴をご覧ください。

たきさんのアトピー歴

幼少期 生まれて間もなくアトピーの症状が出始める。
小学生の頃 「症状が出る→ステロイドを塗る→症状が消える→塗るのをやめるとまた症状が出る」これを繰り返していた。
中学生の頃 アトピーは治まることはなく、ほぼ毎日ステロイドを塗るように。
高校生の頃 高校2年生の時、脱ステロイドを試みるも失敗。
大学生の頃 ステロイドの使用量が増えていき、さらにワセリンを全身に塗るようになって保湿剤依存に。
20代前半 大学卒業後、アトピーはさらに悪化していき、日常生活に支障がでるほどになっていた。
26歳の時 脱ステロイドを決意。
兵庫県の近畿中央病院に入院し、佐藤先生に診ていただきながら、脱ステロイド・脱保湿を開始。約2か月で退院。
半年後、悪化して再入院。
20代後半 家で療養。3年間ほど引きこもり状態に。
29歳の時、ようやく働けるくらいに回復。
30代前半 就職して働き出す。
アトピーは悪くなったり良くなったりを繰り返し、仕事をするのが辛い時もあったが、なんとか続けていた。
34歳の時 なかなか良くならないアトピーに精神的に疲れてしまい、仕事を辞める。
同年、北海道の豊富温泉に3週間湯治に行き、劇的に良くなる。
30代後半 地方へ移住。
35歳の時に再就職して、38歳の時に結婚。
アトピーは調子の波はあるものの、概ね良い状態を保つ。
40代前半(現在) 41歳の時、会社を辞めて独立。
アトピーは今現在も安定して良い状態を保てている。

 

たきさんの詳しいプロフィールはこちら

プロフィール
「たきさんブログ」をご覧いただきありがとうございます! 管理人のたきさんです。 このブログは、主にアトピーについての体験談や情報を書くために作りました。 私はアトピー歴30年以上の42歳で、脱ステロイド・脱...

 

アトピーに食事は関係ある?ない?

 

結論から言うと、私にはあまり食事は関係なかったですね。

食事制限を試してみたのは、脱ステロイドしてから数年後のまだ体調が悪かった時ですね。

厳格にやっていたのは1年間くらいだったと思います。

 

今考えると、脱ステロイドしてからあまり時間が経っていない時期であったため、食事制限が本当に効果なかったのかわからない部分もあります。

私の場合、ステロイド使用歴20年以上ととても長かったので、あの時期は何をやっても良くならなかったのかもしれません。

 

ネットや本で調べてみると、食事制限によってアトピーが改善したという情報がけっこうあるので、おそらく効果がある人もいるのだと思います。

なので、気になる人は試してみるのもありかなと、個人的には思っています。

 

試したことがある食事制限

食事制限にもいろいろありますが、私が実際に試してみたのは、以下の4つです。

  1. 油を取らない
  2. 砂糖を控える
  3. 肉を食べない
  4. お酒を飲まない

 

いずれもネットや本からの情報で、アトピーに効果がある、または良くないと書かれていたものです。

この4つを同時に1年間ほど実践していました。

それでは一つずつ見ていきたいと思います。

 

油を取らない

 

油の取り過ぎがアトピーの原因になっているのではないかということは、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

これについては、アトピーに限らず、様々な病気の原因になることは、テレビなどでもたまに取り上げられていますね。

私は一時期、揚げ物はもちろん、炒め物などに使用する油、バター、マヨネーズなど油が入っているものなど全て控えていたことがあります。

 

油を摂取するのを止めて、一番の体に現れた変化は、めちゃくちゃ痩せていったことです。(笑)

元々痩せていたのですが、さらに痩せていきましたね。5kgは落ちたと思います。

なので、ダイエットしたいのであれば、油を取らないことが手っ取り早いと思いますよ。

 

肝心のアトピーの効果については、正直いまいち良くわからなかったです。

ただ、油を取り過ぎないことは、健康に良いことは間違いないですから、普段から心がけたいですね。

 

砂糖を控える

 

甘いものがアトピーの原因になるのではないかということで、砂糖の摂取も控えていました。

チョコレートやケーキなどのお菓子はもちろん、飲み物も砂糖の入っているジュースなどはいっさい飲みませんでした。ただ、料理に使う少量の砂糖は取っていましたね。

 

砂糖を取らないというのはけっこう大変で、食べられるものがかなり限定されてしまいます。

食事の合間にお腹が空いて何か食べたいと思っても、あまり食べられるものがなくて、砂糖の入っていないお煎餅などを食べたりしていました。

子供が小さかったりすれば、厳格に砂糖を止めることは難しいかもしれないですね。取り過ぎないようにする程度でも良いと思います。

 

こちらもアトピーに直接関係あるのかどうかわかりませんでしたが、健康には間違いないく良いことなので、今でもなるべく意識するようにはしています。

 

肉を食べない

 

肉が直接アトピーに良くないということはなさそうですが、動物性の油が良くないということで、肉を食べるのも控えていました。

肉を食べないとタンパク質が不足しそうですが、魚を食べたり、納豆、豆腐などの植物性タンパク質で補っていましたね。

 

こちらも1年くらいは食べずにいましたが、アトピーに効果あるのかどうかわからなかったので、だんだんと肉も食べるようになっていきました。

今はまったく気にせずに食べています。

 

お酒を飲まない

 

お酒を飲むと血流が良くなってかゆみが増すそうですね。

たしかに脱ステロイド後、お酒を飲むとかゆくなって、掻きむしってしまうことがけっこうありました。

なので、1年間ほどお酒をまったく飲まないようにしていました。

 

そもそも本当に調子が悪い時はお酒を飲む気すらしませんが、少し良くなってくると、お酒が好きな私は飲みたくなってしまうんですよね。

今日は少しくらいなら大丈夫かなと思って飲んでみると、だいたいめちゃくちゃかゆくなって、後で後悔することになります。

 

なので、脱ステロイド後の調子が悪い時は、お酒を控えることをおすすめします。

ただ、お酒がアトピーを悪化させる直接の原因ではないと思うので、ある程度良くなってくれば、少量のお酒を飲むことは問題ないと思います。

 

事実、私は今毎日お酒を飲んでいますが、アトピーの調子はまったく問題ないです。

ただ、飲み過ぎるとかゆくなることがありますので、飲み過ぎないように注意しています。

お酒に限らず何事もほどほどにすることが大事ですね。

 

現在の食事について

 

現在の食事はどうしているのかというと、ほとんど気にしていませんね。揚げ物も砂糖も肉も食べるし、お酒も飲んでいます。

それでもアトピーの調子はまったく問題ないです。

なので、食べ物がアトピーの直接の原因になっているのかというと、私はそうではないと考えます。

 

ただ、油や砂糖を取るのを止めたらアトピーが改善したという人がいるのも事実なのだと思います。

ここがアトピーの難しいところで、こうすればアトピーが良くなるということを一概に言うことができないんですよね。

 

アトピーには、人それぞれ自分に合ったいろいろな治療法があるということですね。

それが私にとっては脱ステロイド・脱保湿であったということです。

自分に合っていて、かつこれで絶対に良くなると信じることができる治療法を見つけることが大事だと思います。

 

脱ステロイド中(入院中)の食事について

 

脱ステロイドをして間もない頃やリバウンド症状が出ている時の食事は、何を食べるのが良いのでしょうか。

私が近畿中央病院に入院していた時、脱ステロイド・脱保湿療法で有名な佐藤先生は、なるべくタンパク質を多く含むものを食べた方が良いとおっしゃっていましたね。

理由は皮膚の落屑により、タンパク質をたくさん消費するため不足になりがちだからだそうです。

 

タンパク質が多い食べ物と言えば、例えば動物性であれば鶏のささみ卵、植物性であれば納豆豆腐などですね。

病院の食事もたしかこのような食材を使ったものがよく出ていたと思います。

ある程度良くなってくれば、それほど気にしなくて大丈夫です。

何でもバランスよく食べることが、アトピーに限らず、健康ににおいて大事なことですね。

 

まとめ

今回は、アトピーと食事の関係について、過去に私がいろいろ試したり体験したことを記事にしてみました。

当記事をまとめます。

  • 私の過去の経験から、アトピーの直接の原因として食事はあまり関係ないと考えられる。
  • ただし、食事の改善によりアトピーが良くなった人がいることも事実。気になるのであれば実際に試してみる価値はあると思う。
  • お酒を飲むと血流が良くなりかゆくなることが多い。脱ステロイド中は控えるのが吉。
  • 脱ステロイド中は落屑によりタンパク質が不足しがち。鶏のささみや卵などタンパク質を多く含む物を食べよう。
  • ある程度アトピーが良くなれば、食事はそれほど気にしなくてもOK。偏食せずに何でもバランス良く食べるのがアトピーにも健康にも良い。

 

私は今現在、何でも好きなものを食べるしお酒も飲みます。それでもアトピーが悪化することはありません。

あまりに厳格な食事制限は大変だし、ストレスもたまってしまうでしょう。

何でもバランス良く食べ、食べ過ぎないことが、アトピーにも健康にも良いのではないでしょうか。

 

今回の記事が少しでもアトピーで悩んでいる人の役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント