脱ステロイド・脱保湿を失敗しないようにするために重要なこと・心構え 脱ステ歴15年の私の体験談

アトピー

脱ステロイドしてアトピーを根本から治したい!だけど本当に良くなるのかわからないし、そもそも悪化に耐えられるか不安で踏み出せない。

このように考えている人はけっこういるのではないでしょうか。

 

私の場合、ステロイドが効かなくなるほど長期に使用してしまったので、もう治療の選択肢は脱ステロイドしかないと思い、半ば勢いで始めてしまいました。

今考えると、あの時は脱ステロイド・脱保湿治療がこんなにも過酷で時間がかかるものだとは思っていませんでしたね。

 

軽い気持ちで試しにやってみようと始めてみても、なかなかうまくいくものではありません。だいたい途中で挫折してしまいます。

今回は、脱ステロイド・脱保湿を失敗しないようにするために重要なことや心構えについて記事にしたいと思います。

これから挑戦しようと考えている人の参考になれば幸いです。

 

参考に私のアトピー歴をご覧ください。

たきさんのアトピー歴

幼少期 生まれて間もなくアトピーの症状が出始める。
小学生の頃 「症状が出る→ステロイドを塗る→症状が消える→塗るのをやめるとまた症状が出る」これを繰り返していた。
中学生の頃 アトピーは治まることはなく、ほぼ毎日ステロイドを塗るように。
高校生の頃 高校2年生の時、脱ステロイドを試みるも失敗。
大学生の頃 ステロイドの使用量が増えていき、さらにワセリンを全身に塗るようになって保湿剤依存に。
20代前半 大学卒業後、アトピーはさらに悪化していき、日常生活に支障がでるほどになっていた。
26歳の時 脱ステロイドを決意。
兵庫県の近畿中央病院に入院し、佐藤先生に診ていただきながら、脱ステロイド・脱保湿を開始。約2か月で退院。
半年後、悪化して再入院。
20代後半 家で療養。3年間ほど引きこもり状態に。
29歳の時、ようやく働けるくらいに回復。
30代前半 就職して働き出す。
アトピーは悪くなったり良くなったりを繰り返し、仕事をするのが辛い時もあったが、なんとか続けていた。
34歳の時 なかなか良くならないアトピーに精神的に疲れてしまい、仕事を辞める。
同年、北海道の豊富温泉に3週間湯治に行き、劇的に良くなる。
30代後半 地方へ移住。
35歳の時に再就職して、38歳の時に結婚。
アトピーは調子の波はあるものの、概ね良い状態を保つ。
40代前半(現在) 41歳の時、会社を辞めて独立。
アトピーは今現在も安定して良い状態を保てている。

 

たきさんの詳しいプロフィールはこちら

プロフィール
「たきさんブログ」をご覧いただきありがとうございます! 管理人のたきさんです。 このブログは、主にアトピーについての体験談や情報を書くために作りました。 私はアトピー歴30年以上の42歳で、脱ステロイド・脱...

 

脱ステロイド・脱保湿治療は簡単ではない

 

まずはこのことをしっかりと理解しておく必要があります。脱ステロイド・脱保湿治療はとてつもなく過酷です。

ステロイドの使用期間や量にもよると思いますが、ほとんどの人が酷く悪化します。

しかも、今までに経験したことがないくらいに。離脱直後は寝たきりになって、夜は眠れないこともあるでしょう。

 

私は高校生の時に初めて脱ステロイドを試みたのですが、あまりの悪化に耐えられず失敗しています。

あの頃は今と違って脱ステロイド治療に関する情報があまりありませんでした。

ステロイドを塗るのを止めるとどのくらい悪化するのか、良くなるまにどのくらいの期間が必要なのか、よくわからないままにやってしまったんですね。

 

案の定、酷く悪化していしまい、学校を長期で休むはめになってしまいました。

しかも、一か月ほど経っても一向に良くなる様子がなく、結局ステロイドにもどってしまいました。

なので、脱ステロイド・脱保湿を成功させるには、仕事や学校を長く休まなくてはならないこと、その間の経済的なこと、家族の協力が必要なことなど様々な問題をクリアし、事前に準備をしておく必要があります。

 

脱ステロイド・脱保湿治療は過酷で辛いものだということは間違いないです。

生半可な気持ちであれば、すぐにステロイドに戻ることになるでしょう。

厳しいことを書きましたが、本当に相当な覚悟を持って取り組まなければ、なかなか成功させることは難しいです。

 

すぐに結果を求めてはダメ

 

脱ステロイド・脱保湿治療はものすごく時間のかかる治療法であることも覚えておいた方が良いです。

一般的に離脱後のリバウンド症状は1か月とか2か月ほどで治まると言われていますが、アトピーがそのまま治っていくわけではありません。

 

ステロイドの使用を止めたとしても、体にはおそらくその影響が残っていて、その後も悪化することは多々あります。

私の場合、1か月ほどでリバウンド症状が治まりましたが、その3か月後には悪化しました。その後も数えきれないほどに悪化を繰り返しました。

体調が安定してきたのは、脱ステロイド後5年ほど経ってからです。

 

良くなるまでの期間はその人のステロイド使用歴にもよりますが、数か月で治るほど甘くはありません。

長い時間かかる上に、良くなるスピードがゆっくり過ぎて良くなっているのかあまり実感することができません。

それこそ年単位でみて、去年のあの頃よりは今の方が良くなっているなと感じられる程度です。

 

それくらい脱ステロイド・脱保湿治療は時間がかかるものなのだと思っておいた方が良いと思います。

脱ステロイド後の経過については、別記事にまとめてありますので、良かったらご覧ください。

脱ステロイド後アトピーはどのくらいの期間で良くなるのか?私の体験談①【1年~3年目】
脱ステロイドをしたとして、いったいどのくらいの期間でアトピーが良くなるのか? 脱ステロイドをしようか迷っている人は、とても気になることだと思います。 結論から言ってしまうと、人それぞれではっきりと何か月、何年経てば良くな...

 

家族の協力なしには成功できない

 

脱ステロイド・脱保湿は本人だけが頑張ればなんとかなるというわけではなく、必ず家族の協力が必要になってきます。

一人だけではとても成し遂げられるものではありません。

私も家族の協力があったからこそ、諦めずに続けることができました。

 

私が悪化して寝たきりに状態になっていた時、母は私の面倒を見てくれていたし、父も収入のない私のために夜遅くまで働いてくれました。

何より苦しんでいる私を応援してくれていました。

アトピーに限らず、病気で苦しんでいる時の家族の支えほど心強いものはありません。

 

また、家族の脱ステロイド治療に対する理解も非常に重要になってきます。

離脱することによる激しい悪化や良くなるまでに長い年月が必要なことなど、この治療法をよく理解していないと、なかなか快く協力を得られないかもしれません。

 

事前に脱ステロイド・脱保湿治療とはこういうものであって、こういう経過を辿って良くなっていくということを十分に理解してもらう必要があると思います。

家族の協力さえ得られれば、きっと最後まで諦めずに成し遂げられるはずです。

 

信頼できる脱ステロイド・脱保湿に精通した医師の元で治療する

 

自分だけの判断で脱ステロイド・脱保湿を開始するのはとても危険です。

離脱した直後の悪化は想像以上に激しいもので、とても一人で耐えられるものではありません。

なので、必ず脱ステロイド・脱保湿に精通した医師の元で行う必要があります。

 

私はステロイド使用歴20年以上ととても長かったため、当時脱ステロイド・脱保湿療法で有名だった近畿中央病院に入院して離脱しました。

重度のステロイド依存で激しい離脱症状が予想される場合は、入院して乗り越えることも一つの有効な手段だと思います。

専門の医師に診てもらいながら入院治療するのと自宅で治療するのとでは、安心感がまったく違います。

 

症状により誰でも入院治療できるわけではありませんが、もし可能なのであれば検討してみても良いと思います。

私が近畿中央病院に入院した時の体験談を別記事にまとめてありますので、良かったらご覧ください。

アトピーの入院体験談① どんな治療をする?入院期間は?「近畿中央病院」
アトピーで脱ステロイド・脱保湿の入院すると一体どんな治療をする? 入院期間はどのくらい必要なの? そんな疑問をお持ちの方、けっこう多いのではないでしょうか。 私は26歳の時、脱ステロイド・脱保湿治療で有名な近畿中央...

 

私が脱ステロイドをした15年ほど前は、数えるほどしか脱ステロイド・脱保湿治療を行っている病院がありませんでした。

しかし、最近は少しずつ増えてきているようですね。

 

脱ステロイドを検討している人は、まずはそういった病院へ行って話を聞いてみるのが良いと思います。

脱ステロイド・脱保湿を推進している先生でも、それぞれ治療法や考え方が若干違うこともあるようです。

自分がその治療法に納得できて、何より信頼できる医師の元で安心して治療できることが重要です。

 

まとめ

今回は、脱ステロイド・脱保湿を失敗しないようにするために重要なこと・心構えなどについて書きました。

当記事をまとめます。

  • 脱ステロイド・脱保湿治療は簡単ではない。相当な覚悟を持って治療にあたる必要がある。
  • すぐには良くならない。長い時間をかけて本当に少しずつ良くなっていくもの。
  • 家族の脱ステロイド・脱保湿治療に対する理解と協力が絶対に必要。
  • 信頼できる脱ステロイド・脱保湿に精通した医師の元で治療する。一人で行うのはとても危険。

 

ステロイドによる治療では悪化する一方でどうにもならなかったけど、脱ステロイド・脱保湿治療で救われたという人がたくさんいるのは事実です。

私もその一人だし、何もかもに絶望していた時期から救ってくれたのはこの治療法でした。

 

今回の記事が脱ステロイド・脱保湿を検討している人の参考に少しでもなればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント