ステロイドの副作用である「ニキビ」や「白色皮膚描記症」について脱ステロイド時の私の体験談

アトピー

脱ステロイドをすると、ほとんどの人はリバウンド症状が現れて、アトピーが激しく悪化します。

その後、数か月、数年かけていくつかの悪化を乗り越えながら、少しずつ良くなっていきます。

私も例に漏れずそのような経過を辿っていきました。

 

脱ステロイド中には、いろいろな体の変化が起こります。

ステロイドの副作用であるニキビ白色皮膚描記症はその内の一つで、脱ステロイドを経験した人は、このような症状に悩まされた人が多いのでないでしょうか。

 

当時はステロイドの副作用とは知らず、何でこんなにたくさんニキビができるのだろうと不思議に思っていました。

また、赤くなっている皮膚を指で掻くと白い線が残る白色皮膚描記症というのがあるのですが、こちらもかなり長い間症状が出ていました。

今回はそれらについて、私の体験談を記事に書きたいと思います。

 

参考に私の簡単なアトピー歴をご覧ください。

たきさんのアトピー歴

幼少期 生まれて間もなくアトピーの症状が出始める。
小学生の頃 「症状が出る→ステロイドを塗る→症状が消える→塗るのをやめるとまた症状が出る」これを繰り返していた。
中学生の頃 アトピーは治まることはなく、ほぼ毎日ステロイドを塗るように。
高校生の頃 高校2年生の時、脱ステロイドを試みるも失敗。
大学生の頃 ステロイドの使用量が増えていき、さらにワセリンを全身に塗るようになって保湿剤依存に。
20代前半 大学卒業後、アトピーはさらに悪化していき、日常生活に支障がでるほどになっていた。
26歳の時 脱ステロイドを決意。
兵庫県の近畿中央病院に入院し、佐藤先生に診ていただきながら、脱ステロイド・脱保湿を開始。約2か月で退院。
半年後、悪化して再入院。
20代後半 家で療養。3年間ほど引きこもり状態に。
29歳の時、ようやく働けるくらいに回復。
30代前半 就職して働き出す。
アトピーは悪くなったり良くなったりを繰り返し、仕事をするのが辛い時もあったが、なんとか続けていた。
34歳の時 なかなか良くならないアトピーに精神的に疲れてしまい、仕事を辞める。
同年、北海道の豊富温泉に3週間湯治に行き、劇的に良くなる。
30代後半 地方へ移住。
35歳の時に再就職して、38歳の時に結婚。
アトピーは調子の波はあるものの、概ね良い状態を保つ。
40代前半(現在) 41歳の時、会社を辞めて独立。
アトピーは今現在も安定して良い状態を保てている。

 

たきさんの詳しいプロフィールはこちら

プロフィール
「たきさんブログ」をご覧いただきありがとうございます! 管理人のたきさんです。 このブログは、主にアトピーについての体験談や情報を書くために作りました。 私はアトピー歴30年以上の42歳で、脱ステロイド・脱...

 

脱ステロイド中、ニキビ(ステロイドざ瘡)がたくさんできる?

 

私は脱ステロイド中、ニキビがたくさんできました。それは場所を選ばず、体のあらゆる部分にできていました。

これはステロイドによる副作用とのことです。「ステロイドざ瘡」とも言うそうでうすね。

 

あまり聞きなれない言葉ですが、要はニキビのようなものです。

痒みはほとんどなく、押すと少し痛いです。潰すと膿が出ます。

ピーク時には、それこそ毎日体のどこかに新しいニキビができていました。

 

なぜステロイドを使用しているとニキビができやすくなるのでしょうか?それには、次のような理由があります。

ステロイドには体の免疫作用を弱めて、炎症を抑えるという効果があります。

ステロイドを塗布することで、皮膚の炎症を抑えることができますが、同時に体の免疫を弱めてしまうことになります。

 

そうすると、皮膚のバリア機構も弱まってしまい、皮膚組織がウィルスや細菌に感染しやすくなってしまうそうです。

そのため、ニキビができやすくなるんですね。

 

考えてみれば、脱ステロイドをする前のステロイドを塗っていた時から、ニキビができやすかったです。

脱ステロイドをしたことによって、さらに体の免疫機構やバリア機構が弱まり、ニキビがたくさんできるようになったのですね。

 

これは脱ステロイド後、アトピーの状態落ち着くまで続きました。

私の場合、2・3年はニキビができやすかったと記憶しています。

アトピーが良くなってくるにつれて、だんだんとできなくなっていきましたね。

 

最初の内は体中どこにでもニキビができていましたが、最後の方は足に集中してできるようになっていきました。

そして、最終的にはまったくできなくなりました。

おそらく体へのステロイドの影響が薄くなっていったからだと思います。

 

あれだけたくさんできていたニキビが、ステロイドを止めたことによって、まったくできなくなったので、改めてステロイドは体に良くないんだということを実感しましたね。

今脱ステロイドをしていて、やはり同じようにニキビができやすいという人は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

 

今はそうかもしれませんが、脱ステロイドを続けてアトピーが良くなってくれば、自然とできなくっていくのでそれほど心配する必要はないかと思います。

ニキビができなくなっていく頃には、きっとアトピーも良くなっていっているはずですよ。

 

皮膚を掻くと白い線が残る症状「白色皮膚描記症(はくしょくひふびょうきしょう)」

ステロイドニキビの他に、もう一つ副作用としてよく現れるのが、白色皮膚描記症と呼ばれる症状です。

これはどんな症状かと言うと、炎症で赤くなっている部分の皮膚を爪などで掻くと、その掻いた部分が白い線になって残る症状です。

 

私は脱ステロイドをして、皮膚の炎症が残っている数年間はこの症状が見られました。

普通は掻いた部分の皮膚が赤くなるのですが、白色皮膚描記症は掻いた部分が白くなるのです。白くなった部分はしばらくすると消えて、また赤くなります。

 

当時は何で掻いた部分が白くなるのだろうと不思議に思っていましたが、これもステロイドの副作用だったのですね。

この症状は、脱ステロイド後アトピーが落ち着くまで、かなり長い間見られました。

私の場合、2・3年は治らなかったので、もう治らないのかなと不安に思ったりもしました。

 

脱ステロイドをして、この症状がなかなか治らない人は、けっこういるのではないでしょうか。

しかし、安心してください。アトピーが良くなれば自然に治ります。

私は今ではまったく見られなくなりました。皮膚の炎症が治まれば自然とこの症状はなくなります。

長い間治らないと不安になってしまいますが、脱ステロイドを続けていれば、必ず時間とともに消えていくので、あまり気にしないのが良いですね。

 

まとめ

今回は、ステロイドの副作用であるニキビや白色皮膚描記症について、私の体験談を書きました。

いずれの症状も私の経験から、次のことが言えると思います。

ステロイドの副作用による「ニキビ」や「白色皮膚描記症」は、脱ステロイドを続けて時間が経てば、自然と症状が出なくなっていく。それほど心配する必要はない。

 

時間はかかるかもしれませんが、ステロイドに戻らなければ必ず良くなります。

諦めずに続けていくことが大事ですね。

 

この記事がアトピーで苦しんでいる人のお役に少しでも立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント