アトピーの脱ステロイド・脱保湿は間違いなのか⁉重症アトピーを乗り越えた経験のある私の体験談

アトピー

私は子供の頃からずっとアトピーで悩まされていました。

アトピー歴は30年以上の大ベテランです。(笑)

 

たきさんのアトピー歴

幼少期 生まれて間もなくアトピーの症状が出始める。
小学生の頃 「症状が出る→ステロイドを塗る→症状が消える→塗るのをやめるとまた症状が出る」これを繰り返していた。
中学生の頃 アトピーは治まることはなく、ほぼ毎日ステロイドを塗るように。
高校生の頃 高校2年生の時、脱ステロイドを試みるも失敗。
大学生の頃 ステロイドの使用量が増えていき、さらにワセリンを全身に塗るようになって保湿剤依存に。
20代前半 大学卒業後、アトピーはさらに悪化していき、日常生活に支障がでるほどになっていた。
26歳の時 脱ステロイドを決意。
兵庫県の近畿中央病院に入院し、佐藤先生に診ていただきながら、脱ステロイド・脱保湿を開始。約2か月で退院。
半年後、悪化して再入院。
20代後半 家で療養。3年間ほど引きこもり状態に。
29歳の時、ようやく働けるくらいに回復。
30代前半 就職して働き出す。
アトピーは悪くなったり良くなったりを繰り返し、仕事をするのが辛い時もあったが、なんとか続けていた。
34歳の時 なかなか良くならないアトピーに精神的に疲れてしまい、仕事を辞める。
同年、北海道の豊富温泉に3週間湯治に行き、劇的に良くなる。
30代後半 地方へ移住。
35歳の時に再就職して、38歳の時に結婚。
アトピーは調子の波はあるものの、概ね良い状態を保つ。
40代前半(現在) 41歳の時、会社を辞めて独立。
アトピーは今現在も安定して良い状態を保てている。

 

たきさんの詳しいプロフィールはこちら

プロフィール
「たきさんブログ」をご覧いただきありがとうございます! 管理人のたきさんです。 このブログは、主にアトピーについての体験談や情報を書くために作りました。 私はアトピー歴30年以上の42歳で、脱ステロイド・脱...

 

現在42歳ですが、あまり症状が出なくなり、アトピーで苦しむことも少なくなりました。

ステロイドの塗り薬は20年以上使っていましたが、現在はいっさい使用していません。脱ステロイドをして15年ほどになります。

 

一時はあまりの悪化に、もう普通の生活を送ることは無理なのではないかと絶望した時もありました。

本当に長い長い道のりでしたが、なんとかここまでやってこれました。

今回は、私の実体験から得たアトピーに対する対処法や考えをまとめたいと思います。

 

(※あくまでも私の考えであってもちろん全ての人に当てはまるわけではありません。アトピーの治療法は千差万別、それぞれの人に合った方法を見つけることが大事です。参考程度にお読みいただければと思います。)

 

アトピーに過度な保湿はしない方が良い(脱保湿の考え方)

 

アトピーは保湿した方が良いというのが一般的な考えかと思いますが、過度な保湿はかえって皮膚に良くないと感じています。

 

私は高校生の頃から皮膚の保湿のために、毎日ワセリンを体中に塗っていました。

アトピーには保湿が大事というのが一般的な考えなので、几帳面な私は毎日せっせと塗っていましたね。

大学生になった頃には、朝晩1日2回、毎日欠かさず塗るようになっていました。

 

それを何年も続けていたせいか、ワセリンを塗らないと体中が乾燥して耐えられないという状態になってしまいました。

保湿剤依存症になってしまったのです。

保湿剤依存症とは、皮膚が常にひどく乾燥して、保湿剤を塗らないと耐えられない状態のことを言います。

 

社会人になった頃には、アトピーがどんどん悪化して耐えられなくなり、会社を辞めてしまいました。

その後、脱保湿・脱ステロイドをしているアトピー治療で有名な病院へ入院したという経験があります。

 

その時の詳しい様子はこちらにまとめてあります。

アトピーの入院体験談① どんな治療をする?入院期間は?「近畿中央病院」
アトピーで脱ステロイド・脱保湿の入院すると一体どんな治療をする? 入院期間はどのくらい必要なの? そんな疑問をお持ちの方、けっこう多いのではないでしょうか。 私は26歳の時、脱ステロイド・脱保湿治療で有名な近畿中央...

 

アトピーが良くなった今、私が感じているのは、過度な保湿は避けた方が良いということです。

そもそも毎日、体中にワセリンを塗るということ自体普通ではなかったし、それによって、皮膚が元々持っている保湿機能まで奪ってしまったのではないかと思います。

 

今現在、私は保湿をいっさいしていません。

元々乾燥肌なのでかさかさして痒いこともありますが、放っておいています。慣れてしまえばどうってことありません。

保湿するのってけっこうめんどくさくて、それが体中であればけっこう時間もかかります。

 

保湿から解放された今は本当に楽だし、脱保湿して良かったと思っています!

 

自然治癒力を高めることが大事!薬やモノに頼っていてはいつまで経っても治らない

 

最近はアトピー性皮膚炎に対する理解が深まっているため、怪しい民間療法や商品は少ないと思いますが、私がまだ二十歳くらいだった約20年前にはいろいろありました。

「毎日2リットルの水を飲む治療法」だとか、「ステロイドが入っていない軟膏と謳っておきながら実は入っていた」だとか様々なものがありました。

 

当時は症状が悪く、なんとか治したい一心でいろいろなものを試しましたが、結局どれも効果はありませんでしたね。

今考えれば、馬鹿だったなぁと思います。

親には心配ばかりではなく、お金までかけさせてしまって今も本当に申し訳なく思っています。

 

そんな経験から一つわかったことがあります。

やはり薬やモノに頼っているようでは根本的な解決にならないし、いつまでも経ってもアトピーは治らないのです。

 

時間はかかるけど、人間が本来持っている自然治癒力を伸ばす、薬に頼らないということが大事だと思います。

少なくとも私は、脱ステロイド・脱保湿という薬に頼らない方法で良くなったので、そのように感じています。

 

適度な運動が効果的、良く眠れるようにもなって一石二鳥!

 

体を動かすということも大事かと思います。

適度な運動は新陳代謝を良くするし、何より気晴らし、リフレッシュできるからです。

 

アトピーって何がつらいかというと、痒いとか肉体的な部分はもちろんですが、精神的にも非常につらいのです。

症状が悪ければ、どうしてもアトピーのことばかり考えて、家に閉じこもってしまいます。

 

私は症状が悪かった時、なるべくジョギングなどの運動をしました。

運動をしている時は、アトピーのことを忘れられました。

無理のない範囲で、軽い運動でかまいませんからやってみると良いと思います。

 

そして、睡眠を取ることも大事です。

症状が悪い時は痒くて眠ることができないものですが、それでも運動をすれば、少しは眠りにつきやすくなります。

 

十分な睡眠を取ることは、アトピーに限らず、健康を維持する上で最も基本的なことですね。

適度な運動をして良く眠る。普段から規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

 

アトピーはすぐに良くならないものなので長い目で見る

 

アトピーという病気は本当に厄介で、風邪のように2・3日で治るようなものではありません。

私の場合、ステロイド使用歴が20年以上と長かったこともあり、脱ステロイドをしてから症状が落ち着くまで5年以上はかかりました。

 

そして、アトピーがあまり気にならなくなったのは、10年くらい経ってからです。

今ではアトピーなのかわからないくらいにまで回復しました。

 

アトピーとうまく付き合っていくコツとしては、とにかく焦らず長い目でみることだと思います。

悪化している時はどうしても落ち込んでしまいますが、一つ言えることは、間違いなく時間が解決してくれるということです。

 

そして、なるべくアトピーのことは忘れて、別の何かに打ち込むことです。

そうすれば、気が付いたころには、「あれっそういえば良くなってきてる」という日が必ず来ます。

 

時間はかかるかもしれませんが、アトピーは自分に合った治療法を見つけられれば必ず良くなります。

私にはそれが脱ステロイド・脱保湿でした。

脱ステロイドには賛否両論ありますが、私はあの時決断して本当に良かったと思っています。

 

まとめ

今回は、脱ステロイド、脱保湿を体験した私のアトピー治療に対する考えを記事にしました。

 

ポイントをまとめます。

  • 過度な保湿は避けた方が良い。
  • 薬やモノに頼らず、自然治癒力を高める。
  • 適度な運動、十分な睡眠を心がける。
  • 焦らず長い目で見て治療する。

 

アトピー性皮膚炎の治療法は様々なものがあるので、自分に合ったもの、絶対に治ると信じられるものを見つけることが大事だと思います。

私にはそれが脱ステロイド、脱保湿というやり方でした。

私の場合、良くなるまでに5年、10年という気が遠くなるような時間が必要でしたが、今はこの治療を信じて頑張って来て本当に良かったと思っています。

 

アトピーの辛さは自分が苦労してきた分、痛いほど良く分かります。

今苦労されている方達が、一日も早く良くなるようにと心から思います。

 

コメント