アトピーは掻いちゃダメと言うけど、かゆい時は掻いてもいいと思う理由

アトピー

「アトピーは掻いたら悪化するから掻いちゃだめ!」

アトピーの人は絶対は言われたことありますよね?

これ、言われた方にしてみると、けっこう辛いんですよね。だって、かゆいものはかゆいし、我慢するなんて不可能なんです。

 

言った人に悪気がないことはわかってるんです。むしろ、本人のためを思って言ってくれてることは理解しています。

それでもやっぱり言われるとストレスに感じてしまいます。

だから、もし家族にアトピーの人がいたら、「掻いちゃだめ!」という言葉を言わないであげてほしいです。

 

そもそもアトピーって掻いてしまったら、本当に悪化するのでしょうか?

今回はその辺について、私の経験を含めて記事にしたいと思います。

 

参考に私のアトピー歴をご覧ください。

たきさんのアトピー歴

幼少期 生まれて間もなくアトピーの症状が出始める。
小学生の頃 「症状が出る→ステロイドを塗る→症状が消える→塗るのをやめるとまた症状が出る」これを繰り返していた。
中学生の頃 アトピーは治まることはなく、ほぼ毎日ステロイドを塗るように。
高校生の頃 高校2年生の時、脱ステロイドを試みるも失敗。
大学生の頃 ステロイドの使用量が増えていき、さらにワセリンを全身に塗るようになって保湿剤依存に。
20代前半 大学卒業後、アトピーはさらに悪化していき、日常生活に支障がでるほどになっていた。
26歳の時 脱ステロイドを決意。
兵庫県の近畿中央病院に入院し、佐藤先生に診ていただきながら、脱ステロイド・脱保湿を開始。約2か月で退院。
半年後、悪化して再入院。
20代後半 家で療養。3年間ほど引きこもり状態に。
29歳の時、ようやく働けるくらいに回復。
30代前半 就職して働き出す。
アトピーは悪くなったり良くなったりを繰り返し、仕事をするのが辛い時もあったが、なんとか続けていた。
34歳の時 なかなか良くならないアトピーに精神的に疲れてしまい、仕事を辞める。
同年、北海道の豊富温泉に3週間湯治に行き、劇的に良くなる。
30代後半 地方へ移住。
35歳の時に再就職して、38歳の時に結婚。
アトピーは調子の波はあるものの、概ね良い状態を保つ。
40代前半(現在) 41歳の時、会社を辞めて独立。
アトピーは今現在も安定して良い状態を保てている。

 

たきさんの詳しいプロフィールはこちら

プロフィール
「たきさんブログ」をご覧いただきありがとうございます! 管理人のたきさんです。 このブログは、主にアトピーについての体験談や情報を書くために作りました。 私はアトピー歴30年以上の42歳で、脱ステロイド・脱...

 

アトピーは掻いたら悪化する?

 

悪化するかしないかで言えば悪化します。

しかし、私の経験上掻いたからと言ってそれが引き金になって、アトピーがどんどん悪化していくということはありません。

 

もちろん掻いた部分が傷になるので悪化はしますが、それは一時的なものです。

何日かすれば傷はふさがり治っていきます。

もしかしたら、アトピーの人はいつも掻いているから治らないんだと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、それはおそらく間違いであり、掻いても掻かなくても悪化する時は悪化してしまうのです。

特に脱ステロイド中であれば、体調は本当に不安定で突然悪化したりします。

しかも、それこそ1・2週間という短期間で坂道を転げ落ちるように。

 

逆に言うと回復する時には、掻こうが掻かまいが治っていきます。不思議なものですね。

なので、家族や身近の人でアトピーで苦しんでいる人がいれば、ぜひ「悪化するから掻いちゃだめだよ!」ということは言わないであげてほしいと思います。

掻いててもあえて相手のことを思って、そっとしておいてあげればよいのです。

 

アトピーは掻くこと自体それほど問題ない

 

私はアトピーにとって、掻くことが絶対に悪いことだとは思いません。

掻いてしまうから、アトピーがいつまでも経っても治らないということはない。

このように考えます。

 

もちろん掻かないにこしたことはないですが、掻いてしまったとしてもそれほど落ち込む必要はありません。

そもそもかゆみを我慢することは本当に大変だし、掻かないでいること自体不可能なんです。

だから、

かゆい時は掻けばいい!

そのくらいの気持ちでいた方が楽だし、それで問題ないと考えています。

 

実際私は体調が悪かった時、いつも掻いていましたが、それでも良くなっていく時は良くなっていきました。

今考えると、私がいつも掻いている姿を見て、両親はそれについて何も言わなかったですね。

もし、口うるさく掻くなと言われていたら、かなり辛かったと思います。

 

両親は本当に気を使ってくれていたんだなと、今でもとても感謝しています。

家族の協力なしには、脱ステロイドを成し遂げることはできなかったですからね。

 

今家族の誰かがアトピーと戦っているのであれば、ぜひこのようなことも頭に入れておいていただければと思います。

アトピー患者にとって、家族の協力、支えは絶対に必要ですし、それほど心強いものはありませんから。

 

まとめ

今回は、アトピーはかゆい時は掻いてもいいと思う理由について記事にしました。

当記事をまとめます。

  • アトピーは掻いても掻かなくても悪化する時は悪化する。
  • 逆に掻いたとしても良くなる時は良くなる。
  • かゆい時は掻いてもOK!掻いてしまったとしてもそれほど気にしなくても大丈夫!
  • 「悪化するから掻いちゃだめ」は言わないであげて!
  • アトピー患者には家族の協力が絶対に必要。協力があれば絶対乗り越えられる!!!

 

今回の記事がアトピーで苦しんでいる方に少しでも役立てばうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント