アトピー入院体験談③ 退院後再び悪化・・・再入院に至るまで 「近畿中央病院」

入院体験談

前回の記事では、近畿中央病院に入院して脱ステロイド・脱保湿をした時の様子を書きました。

あの時は約1か月でアトピーがかなり良くなったという信じられない体験をしました。

 

こちらの記事です。

アトピー入院体験談② リバウンド症状の経過と期間は?「近畿中央病院」
脱ステロイドをすると、アトピーはどのくらい悪化するの? また、どんな症状が出て、どのような経過をたどるの?リバウンド症状はどのくらい続く? 脱ステロイドを試みようと思っている人にとって、このような疑問、心配があると思いま...

 

さて、今回は退院後のアトピーの経過や症状について、私の実際の体験を記事にしたいと思います。

 

参考に私のアトピー歴をご覧ください。

たきさんのアトピー歴

幼少期 生まれて間もなくアトピーの症状が出始める。
小学生の頃 「症状が出る→ステロイドを塗る→症状が消える→塗るのをやめるとまた症状が出る」これを繰り返していた。
中学生の頃 アトピーは治まることはなく、ほぼ毎日ステロイドを塗るように。
高校生の頃 高校2年生の時、脱ステロイドを試みるも失敗。
大学生の頃 ステロイドの使用量が増えていき、さらにワセリンを全身に塗るようになって保湿剤依存に。
20代前半 大学卒業後、アトピーはさらに悪化していき、日常生活に支障がでるほどになっていた。
26歳の時 脱ステロイドを決意。
兵庫県の近畿中央病院に入院し、佐藤先生に診ていただきながら、脱ステロイド・脱保湿を開始。約2か月で退院。
半年後、悪化して再入院。
20代後半 家で療養。3年間ほど引きこもり状態に。
29歳の時、ようやく働けるくらいに回復。
30代前半 就職して働き出す。
アトピーは悪くなったり良くなったりを繰り返し、仕事をするのが辛い時もあったが、なんとか続けていた。
34歳の時 なかなか良くならないアトピーに精神的に疲れてしまい、仕事を辞める。
同年、北海道の豊富温泉に3週間湯治に行き、劇的に良くなる。
30代後半 地方へ移住。
35歳の時に再就職して、38歳の時に結婚。
アトピーは調子の波はあるものの、概ね良い状態を保つ。
40代前半(現在) 41歳の時、会社を辞めて独立。
アトピーは今現在も安定して良い状態を保てている。

 

たきさんの詳しいプロフィールはこちら

プロフィール
「たきさんブログ」をご覧いただきありがとうございます! 管理人のたきさんです。 このブログは、主にアトピーについての体験談や情報を書くために作りました。 私はアトピー歴30年以上の42歳で、脱ステロイド・脱...

 

※脱ステロイド後の経過は人それぞれですので、今回の記事も一例として、参考程度にお読みいただければと思います。

 

退院後1か月のアトピーの状態

 

入院による脱ステロイド・脱保湿をして約2か月後、無事に退院して家に帰ることができました。

両親が見違える程良くなった私の姿を見た時、本当に驚いていましたね。

 

入院前は悪化したアトピーが原因で何もかも絶望していたのに、たった2か月ほどでこんなにも良くなったことが自分でも信じらなくて、本当にうれしかったです。

この時は仕事を辞めていたので、家に帰ってからしばらく様子を見るために、療養するつもりでいました。

 

久しぶりに家に帰って特に感じたことは、何も体に塗らなくていいということが、こんなにも快適で楽なものなのかということです。

体中にステロイドやワセリンを塗っていた時は、本当に毎日めんどうで、時間もかなりかかっていました。

しかも、1日2回も全身に塗っていましたからね。

 

脱ステロイド・脱保湿後は体に一切何も塗らなくなったので、お風呂上がりのスキンケアが必要なくなりました。

「脱保湿って最高!!!」

本当にこのように思いましたね。

 

アトピーの状態については、退院後1か月くらい大きく悪化することもなく順調であった思います。

この時は「もしかしたらこのまま良くなってくれるのかな。」なんて考えていましたね。

しかし、実際はそんなに甘くありませんでした。

 

退院後3か月のアトピーの状態

退院後1か月くらいまでは順調でしたが、1か月を越えたあたりから、少しずつアトピーが悪化していきました。

退院後悪化しやすいということは、入院中に同じ脱ステロイドで入院していた人達から話を聞いていましたので、ある程度は覚悟していましたね。

 

しかし、この時はまだ悪化したとしても、耐えられないほど酷くなることはないだろうと思っていました。

最初は部分的に肌がカサカサしてきて、だんだんと赤身をおびてきました。

それは見る見るうちに全身へと広がっていきました。

 

アトピーって治るのにはものすごい時間がかかって、悪化する時は本当にあっという間なんです。

いつもなんでこんなに理不尽なんだろって思ってましたね。(笑)

 

3か月経った頃には、全身かなり悪化して、滲出液も出始めました。

さすがにこれはまずいなと思いましたが、まだ脱ステロイド前よりはましな状態であるし、もう少し様子をみようと思いました。

 

ずっと苦労してきたアトピーが、地獄のような脱ステロイドのリバウンド症状を乗り越えてやっと良くなったというのに、また元に戻ってしまうのかという恐怖感は半端なかったですね。

やはり、脱ステロイドするというのは、一筋縄ではいかないということを改めて実感しました。

 

退院後6か月のアトピーの状態~近畿中央病院へ再入院

 

退院後半年経つと、アトピーの状態はめちゃくちゃ悪化していました。

体中が真っ赤になり、手や足の間接や顔から滲出液が。落屑もかなりたくさんあったと思います。

再び寝たきりのような状態になってしまいました。

 

さすがに精神的にもきつくなり、近畿中央病院の佐藤先生へ電話をしました。

今の状態を話すと、私の場合、やはりステロイド歴が長かったせいもあって一度良くなってもまた悪化しやすいのことでした。

どうしても耐えられないのであれば、もう一度入院することもできるとのことでしたので、私は入院することにしました。

 

まさか、再入院することになるとは思っていませんでしたね。

一度めちゃくちゃ良くなった状態から元に戻ってしまったということもあって、半端なく落ち込みましたね。

そんなわけで、荷物をまとめて半年ぶりに新幹線で近畿中央病院へ向かいました。

 

まとめ

今回は、脱ステロイド・脱保湿後、半年間のアトピーの経過や症状について、私の実際の体験をまとめてみました。

まさかの再入院という結果になってしまいましたが、この時はもうステロイドを使うという選択肢はまったくなかったですね。

 

なぜなら、長年ステロイドを使用してきて、本当に辛い思いをして来たし、根本的に治る可能性は絶対にないということがわかっていたからです。

また、脱ステロイドしてリバウンド症状を乗り越えた後のものすごい回復を一度経験していたので、もう私には脱ステロイドしかないと確信していたのです。

 

しかし、この時私は本当にアトピーが良くなる日まで、長い長い道のりが続くことをわかっていませんでした。

2度目の入院についてはまた別の記事に書きたいと思います。

 

今回の記事がアトピーで苦しんでいる人のお役に少しでも立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント